business-plan-tools-startups


ライターさんを採用する際には「テストライティング」をしてもらっています。



また、ライターさんをスカウトする際には、



運営するブログの属性に強そうな人を選んで行っています。



ですので現状、ほとんどのライターさんの「文章能力」は申し分ありません。



そもそもクオリティが高いので、私のサポートはほとんど必要ないと言えるでしょう。



しかし問題なのは、その本文を作成する前段階である「タイトルと小見出し」の作成部分です。



記事作成能力も高く、優秀なライターさんがなぜ、つまずくのか。



理由は簡単です。



ややこしいからです。



例えば、タイトル。



魅力的なタイトルを作ってください。



ユーザーの目を惹くような、魅力的なタイトルを作ってください。



だけなら、思考する方向性は一方向なので、言ってみれば「カンタン」です。



しかし、私が求めているのはそれではありません。



SEO効果を十分に発揮しつつ、その上でクリックされるようなタイトルが欲しいわけです。



そのような複合的な視野、思考力に基づく構成が



タイトルと小見出しの作成には求められている、と私は考えています。



ルールにハメればそれでOKって感じではなく、



基本は踏まえつつ、その時の指定キーワード、



検索結果、記事内容に応じて、その都度、柔軟な対応で構成案を提示していただければ非常に良いと感じています。