今年は加湿器を我が家に導入する予定の管理人です。どうもはじめまして。


この記事では、今年2014にて
どの加湿器が売れていて人気があるのか?


について話をしていこうと思います。
ちょっと来い!


などとタイトルでは偉そうな発言をいたしましたが、心の中では会釈をしながら呼んでいたことをご理解ください。


[ad#co-1]


加湿器の種類について

私の知らぬ間に、加湿器にも多様性が見出されるようになっていたようです。


一様に蒸気をモクモクと出すもの=加湿器というわけではないようでございます。

❏気化式

❏スチーム式

❏超音波式

❏ハイブリッド式

私が見た限り、上記4種類の加湿器が販売されているようです。


それでは続いて、各種特徴&メリットなど見ていくこととする。


❏気化式


これは、
水を含んだ「フィルター」に風を当てて空気を加湿する方法です。非常なシンプルな構造であり、「消費電力」が少ない。


ただ、水を温めているわけではないので、加湿器から出てくる風が冷たいようだ。


❏スチーム式


スチーム式は、沸騰させたお湯の蒸気で加湿する。
「消費電力」は、気化式に比べてお湯を沸かす分高い。


また、およそ65℃の蒸気が吹き出てくるので、小さなお子様や、酔っ払ってトチ狂ったお方などが顔を近づけたりすれば、火傷する危険性は考えられます。


今思うと、私が昔使っていたものは、このスチーム式に該当するはずだ。


❏超音波式


もう、名前にときめいてしまった私ですが、そんな私情は排除して内容について見ていきます。


名前の通り「超音波」で水を震わせて「ミスト」のようにするのが超音波式の加湿器です。


超音波ってえのは、人の耳には聞こえない高い振動数をもつ弾性振動波です。


・・・まあ、超細かい振動ってことでしょうねw たぶん。


特徴としては消費電力が少なく、小型でデザイン性の高い商品が多いとのこと。


水を震わせてミストにしているわけですから、超音波式も、温かい風が出てくるわけではないようです。


※超音波式のメリット&デメリットについてはこちら


❏ハイブリッド式


ハイブリッドとは、異なった要素が混ざり合っている──の意味です。


水を含んだフィルターに風を吹きかける「気化式」のやり方をしながら、

送風される空気を「ヒーター」で温める点がハイブリッド!


尚、ハイブリッド式の中には、「超音波式」を採用しながら、ヒーターで出す空気を温めるタイプの「ハイブリッド式」も存在するようです。


DropShadow ~ スクリーンショット 2014-11-20 11.54.50

ざっくりとではありますが、
各種、特徴などについてご理解いただけたかと思います。


続いて本題である今年の人気商品のお話に移行する。





加湿器で2014人気のやつはどこのどいつだ?

種類別にて、Amazonでトップ人気の商品をお伝えしていきます。


まずは


❏気化式

DropShadow ~ スクリーンショット 2014-11-20 11.24.52

ご覧ください。
気化方式のカテゴリーにおいては、パナソニックの「ナノイー」という製品が上位を独占している状態が分かると思います。


また、パナソニックのHPを覗くと


DropShadow ~ スクリーンショット 2014-11-20 11.25.55

ご覧のように、水に包まれた微粒子イオン「ナノイー」が売りになった製品がずらりと並んでいる事実を知る。


ナノイーとは、一般的なイオンと比較して6倍長持ちで広範囲に届くものなんだとか。あと、マイナスイオンの約1000倍の水分量を誇るとか。


ぶっちゃけ私は『◯◯倍』とか言う表現が大嫌いなので、あんまり心には響きませんが、まあ、凄いようですw


なんで嫌いかと申せば、
たとえば、蟻1匹が6倍にされたとしても、大して何も感じませんが、


Tレックスが6倍だったら、やばい!!と思うでしょ。


そういうことです(どういうことだ?w)


つまり、その倍になった結果が大して意味もなく影響もない倍なら、別にどーってことないと思うわけです。


ナノイーについて詳しくしりたい方はこちらからHPを覗いてみていください♪


❏スチーム式

DropShadow ~ スクリーンショット 2014-11-20 11.36.14

スチーム式は、色んな製品が戦っている感じがして、楽しいですね。


あ・・・私が使ってたのは、そういえばVICKSでした。非常にシンプルで、塩を投下していた記憶が蘇ってきましたw


この中で一番人気は、アイリスオーヤマの加湿器のようですね。
非常にシンプルで、良く見る形の加湿器ですよね。人気の理由はどうやらその価格にあるようですね。


2000円台で購入できて、必要最低限の加湿能力がある点が人気のようだ。


地味に、水を取り替える部分が半透明になっているのも良いですよね。めんどくさがりの私なんかにしたら、非常に楽に扱えるイメージが出てきます。


❏超音波式

DropShadow ~ スクリーンショット 2014-11-20 11.39.29

前述した通り、超音波式は何よりも、そのデザイン性が面白く感じます。


特にダイソンのが凄い、


DropShadow ~ スクリーンショット 2014-11-20 11.40.53

何がどうなって加湿するつもりなんですかねこいつは?
しかもそのお値段、76000円なり。


私の感覚だと、誰が買うんだよって感じですが・・・欲しい人は欲しいのでしょう。


シズクのような形の加湿器は、なんだかかわいいので思わず、欲しくなっちゃう気が致しました。


値段も・・・「超音波」なんて言うものだから、もう少し高いのかな〜なんて思ってたんですが、手頃ですね。


❏ハイブリッド式


最後はハイブリッド式です。


DropShadow ~ スクリーンショット 2014-11-20 11.43.22

このカテゴリーでは、「ダイニチ」の製品が、7割型上位を独占している傾向が見られます。


またほとんどの製品が1万円前後と、比較的、値段が高い印象を受けます。さすがハイブリッドと言ったところでしょうか。


ダイニチのHPを覗いて、ハイブリット式についての記述に目を通してみました。


「気化式」と「温風気化式」
2つの方式を温度に応じて「自動」で切り換えるので、電気代のムダを抑えます。


また、水や吹き出し口が熱くならず、安全・安心である・・・とのことです。


なるほどね〜〜☆


その他詳細な説明についてはこちらからHPを覗いてください♪


まとめ

タイトルにある通り、加湿器で今年人気なものの話をしてきました。私自身まだ、加湿器の種類がどのような物があり、その特徴は? と言った基本的なことから知らなかったので、書きながら少し詳しくなって良かったです。

※関連記事
超音波式の加湿器のメリットは??