医師が研究開発した布団掃除機、
その名もレイコップ!



同商品には、種類がございまして、2014年11月現在販売されているのは『RAYCOP RS』『RAYCOP LITE』それから『ジャパネットたかたモデル』であります。


この3種類の何が違うのか比較していき、選ぶ際のポイントを明確にしていければ良いと思います。


[ad#co-1]


レイコップの種類について

スクリーンショット 2014-11-02 19.34.35
出典:https://raycop-direct.jp/product/


スクリーンショット 2014-11-02 19.34.29
出典:https://raycop-direct.jp/product/


こちらはレイコップ公式サイト『レイコップダイレクト』に表示されております商品ラインアップです。


スタンダードモデルであるRAYCOP RSと


スマートが新しく生まれ変わったRAYCOP LITEの図です。


こうして遠巻きに見る分には、その差異は『値段』と『色』程度しか見出すことはできませんので、より詳細な情報に目を通して行きます。


●RAYCOP LITE

スクリーンショット 2014-11-02 19.38.16

●RAYCOP RS


スクリーンショット 2014-11-02 19.39.08

機能面で比較していきますと


❏光クリーン

❏水洗いダストボックス

❏クリーン排気



上の3機能は、RSもLITEも付いてます。


違いは


❏パワフルたたき⇒パワフルWたたき

❏回転ブラシ



ですね。




こちらの動画は、レイコップよりアップロードされていた、パワフルたたきの効力を示した動画になっています。


しかし・・・ふとんの中のダニと、箱の中のダニよりも遥かに大きい「なにか」と何の関連性があるのかわからない為、私にはいまいちピンとくる動画にはなっていませんでした。


毎分4000回の振動を起こす叩きの激しさなどは、動画を通じて伝わってきました。


このパワフルたたき部分に、RSとLITEでは違いがあるようです。


公式サイトにおいて、細かな説明は為されておりませんでしたが、『W』と記述がある点、絵も四角いものが1から2になっている点から考えて、叩くパットそのものがWでは2つ付いているのだと思います。


にしては・・・なぜ1つであるパワフルたたきで、毎分3300回も叩くことが出来るのでしょうか?


2つあるものが1つなのですから、単純計算で2000回じゃないんでしょうかね。


と、若干の疑問は残るものの、要するにLITEをよりパワーアップしたものがRSという位置づけで間違いないでしょう。


それからRSだけに搭載されている回転ブラシ────


スクリーンショット 2014-11-02 20.07.26

こちらです。


これが搭載されたことにより、髪やペットの毛まで逃さないようになったようです。


比べてLITEの方は


スクリーンショット 2014-11-02 20.12.22

より簡素化された形状になっていますよね。



❏RAYCOP RSのカラー一覧

RSの3色



❏RAYCOP LITEのカラー一覧

LITEの4色

比較すると、RSの方がちょっとしっとりとした大人の雰囲気を醸し出していて、比較的LITEの方が軽くて明るい雰囲気の色合いが揃っていると思います。


ちなみにLITEの方の『ハニーイエロー』は公式オンラインストア限定のカラーとなっているようです。


RSとLITEの違いを見比べていく中で、個人的に一番気になったのは、ハウスダスト除去効率の違いです。


除去効率

上がRSで下がLITEの記述です。


RSは3分で90%以上を除去するようです。一方LITEは5分で80%以上を実現しているようです。


この10%の違いが、いかほどのものなのでしょう。あまり感じない程度の違いなのでしょうか??


これは購入する方の感じ方と、どの程度ハウスダストを抱え込んでいるかに拠ると思うので、なんとも言えません。


ここの違いにこだわるのでしたら、1万円高いRSを購入した方がいいのかもしれません。


そこまでハウスダストに敏感でもない私のような人間は、LITEでも十分に満足感を得られるのだろうな〜と思います。







RSとLITE・サイズその他の違い

RSとLITEの細かな違いについて以下に表していきます


❏サイズ

●RS⇒359.7×431.5×155.2mm

●LITE⇒300×352×150.5mm


❏重さ

●RS⇒2.3kg

●LITE⇒1.95kg


❏消費電力

●RS⇒350W

●LITE⇒330W


❏値段(税抜き)

●RS⇒28380円

●LITE⇒19800円


大きさ重さ共にスタンダードモデルであるRSの方が一回り大きく、それに付随する形で、パワーや消費電力も大きくなっているのがお分かり頂けたかと思います。


値段は約1万円RSの方が高いのですね。


ジャパネットモデルを見てみる

最後にジャパネットたかた限定モデルを見てみましょう。


ジャパネット
出典:http://www.japanet.co.jp/shopping/cleaner/raycop.html


ご覧の通りカラーは3色。


サイズは296×334×170
重さは1.9kg


と、RSとLITEと比較しても一番、軽くて小さいです。にも関わらず、RSと同じパワーを持ち、5分間で90%以上のハウスダスト除去率を誇っています。


また、ジャパネットオリジナルモデルにのみ「たたきブラシ」が搭載されているとのこと。


スクリーンショット 2014-11-02 20.39.32

1分間に2000回転するたたきボールを3箇所に3つずつ配置し、毎分計18000たたきを実現しているようです。


その叩く回数によりどの程度の効果が期待できるのかは不明ですが、90%以上を除去とありますので、なかなかなのでしょう。


価格も通常価格24800のところが、現在5000円値引きとなり、LITEとほぼ変わらない価格で販売中であります。


まとめ

ハウスダストの除去率にこだわっていくのでしたら、90%以上を示しているRSかジャパネットの限定品になるのかなと思います。


レイコップの公式商品を使いたいという方でなければ、現状、ジャパネットで販売されているものが、コストパフォーマンス的には一番オススメな気が致しております。


参考になれば幸いです。


その他、掃除機に関する記事はこちらです☆